よくある質問 一覧(すべて)

お客様から寄せられる質問をまとめております。
ぜひご参考ください。

Qメガネの各部分の名称を教えてください

この画像はアイキャッチではありません

「フロント」レンズ枠全体のこと。左右の智元から智元までを総称して「フロント」といいます。

「テンプル」腕、ツルともいう。顔との接触面積も大きいため、形状面の工夫や耐久性や弾力性が問われます。最近ではサイドのデザインに中心をおくブランドやモデルも少なくありません。また、超弾性の素材を使った機能面に優れたものも多くなっています。

「ブリッジ(山)」左右のリムをつなぐ部位。ノーズパットがなく鼻に載せやすいように柄の部分を改良したのが一山といいます。フロント中央に位置するデザインの要でもあり、彫金などの装飾的が施される場合もあります。

「パッド(鼻あて)」鼻を両脇から挟むように眼鏡を固定する部位 。メタルフレームの場合、独立したパーツで鼻に合わせて調節が可能。プラスチック製のものとシリコンなどの柔らかい素材を使用したものとがあります。

「クリングス」パッドとフレーム本体をつなぐパーツをいう。

「智・智元・ヨロイ」フロント両端の部位のこと。「ち」「ちもと」と読み、また「ヨロイ」呼ばれる。お顔の幅に合わせて枠幅等を調整します。フロントの輪郭を握るキーとなる部位なので、デザインに凝ったフレームも多くなっています。

「リム(レンズ縁)」レンズの周りを囲む縁のこと。一般的に内側に「リム線」と呼ばれる溝が掘られており、ここにレンズをはめて固定しています。レンズ周りをリムが囲む一般的なタイプはフルリムと呼ばれる。フルリムタイプではレンズシェイプとリムが同じ形をしていることがほとんどであるため、リムの形状を玉型と呼ぶことも多い。

「先セル・モダン」耳あてともいう。テンプル先端の耳にかかる部分のことです。装着時にはあまり目立ちませんが、加重がかかる箇所で掛け心地の良さを大きく左右するため、形状や素材に工夫が加えられているフレームも多くあります。

「丁番」ヒンジとも呼び、蝶番とも書く。メガネの中で唯一の可動部分であるだけに、バネ丁番を始め、板バネや特殊素材を用いたクッション構造など、さまざまに工夫を凝らした仕組みのフレームがあります。バネ丁番は定期的(3ヶ月目安)なお手入れが必要です。

※パッド・モダン・ナイロン糸は交換できます。
交換の目安
(パッド)変色や破損 
お顔の中心の目立つ部分ですのでこまめに交換しましょう!特に女性は化粧品により変色します
(モダン)破損や汗による汚れ
(ナイロン糸交換の目安)約半年(糸が劣化すると切れてレンズが外れる事があります)

close

Qメガネの正しい使い方を教えてください

○掛けはずし
テンプル(ツル)を持って両手で真っ直ぐかけはずししてください。
片手で無理にかけはずしをすると、型くずれやゆるみの原因となります。

○置くとき
メガネを一時はずしておく場合は、レンズの凸面を上向きにしてください。
下向きにしますとキズの原因になります。

○拭くとき
レンズを拭くときは、拭く方のレンズの外枠を持ち、レンズ専用メガネ拭きでそっと拭いてください。
拭く方の反対側のレンズを持ったり、力を入れすぎたりしますと、フレームやレンズを傷める原因になります。

○レンズにゴミやほこりが付着しているとき
水洗いしてからティッシュペーパーで水気を取り、レンズ専用メガネ拭きで拭いてください。から拭きしますと、キズがつくことがあります。

○汚れのひどいとき 中性洗剤を薄めた液で洗
い、そのあとしっかりとすすいでください。石鹸、ハンドソープ等のアルカリ系や酸性の洗剤、シンナー等の溶剤は使用しないでください。コート膜のはがれる原因となります。

○メガネが濡れたとき
レンズが水に濡れたとき、あるいは水洗いしたあとはすぐに拭き取ってください。乾いてしまうと、水あとがシミになって 取れなくなり、見えにくくなります。 また、フレームは、金属部分のサビや樹脂の変色・変質の原因となります。

○持ち運びするとき、使用しないとき、保管するとき
メガネを持ち運ぶときは必ずケースに入れてください。保管のときは、お手入れした上でケースに入れてください。また、防虫剤、トイレ・浴用洗剤、化粧品、整髪料、薬品などの入った場所に長い時間保管しておくと、レンズ・フレームともに劣化・変質・変色の原因になります。

close

Qどんな形のメガネがあるの

大きく“JISの6区分”で分けることができます。今やメガネのデザインは様々ですから選ぶ楽しみが広がりましたね。

JISの6区分

  • メタル枠:フロントの主要部分が金属でできているフレームをいいます。
  • プラスチック枠:フロント主要部分がプラスチックでできているフレームです。
  • コンビネーション枠・A:フロントの主要部分がプラスチックと金属の組み合わせによって作られたもので、リムがプラスチックでできているフレームをいい、通称「コンビ」とも呼ばれています。
  • コンビネーション枠・B:フロントの主要部分がプラスチックと金属の組み合わせによって作られたもので、リムが金属でできているフレームをいいます。通称「ブロウ」と呼ばれています。
  • 縁なし枠:リムがレンズを取り巻かないかたちのものをこう呼びます。レンズに穴をあけ、テンプルとブリッジを直接レンズにとりつけるもので、通称「スリーピース」や「ツーポイント」などと呼ばれています。
  • 溝掘り枠:レンズの縁に溝を掘り、ナイロン糸などで固定する形式のフレームです。通称「ナイロール」「リムロン」などと呼ばれています。

close

Qガラスとプラスチックのレンズはどう違うの?

  • 【ガラスレンズの長所】傷が付きにくい、厚みを抑えられる、熱に強い
  • 【ガラスレンズの短所】重い、割れやすい、カラーに制限有
  • 【プラスチックレンズの長所】軽い(装着時に負担が少ない)、割れにくい、カラーが豊富、フチ無フレームに対応、新設計・コーティングが豊富
  • 【プラスチックレンズの短所】キズが付きやすい、熱に弱い、厚くなることがある

但しプラスチックレンズの弱点を改善したレンズも登場しています。

close

Qレンズにはどんな設計があるの

大きく分けると「球面設計レンズ」、「非球面設計レンズ」の2種類があります。「球面設計レンズ」は従来の設計のレンズで、その名の通り丸みを帯びているため中心部と周辺部では物の見え方が異ってきます。球面レンズの欠点を補うために、レンズのエリアごとに異なるカーブをかけることで、より自然に物が見えるようにしたのが「非球面設計レンズ」です。
レンズ越しの視界とレンズ外の視界にも違和感がなく、自然な視界を得ることが出来ます。今主流にあるのが、「非球面設計レンズ」です。更にレンズの両面で収差を補正して、従来の非球面レンズに比べてシャープな視界になる、「両面非球面設計レンズ」も登場しています。

close

Q遠近両用はどんなレンズ?

「遠近両用レンズ」とは、遠方視と近方視の両方を矯正するレンズ(多焦点レンズ)のことです。さらにこの多焦点レンズには、「二重焦点レンズ(バイフォーカルレンズ)」、「累進多焦点レンズ」 などの種類があります。掛け外しや掛け換えの手間が省けますので大変便利です。外出時、室内でも掛け替えることなく、遠くから近くまで見えます。

特に「累進多焦点レンズ」は見た感じも普通のメガネのように境目がありませんので非常にスマートです。現在の主流はこちらのタイプです。

但し、一本で万能ということではなく、長時間の読書やデスクワークには、近用や中近のメガネの方が視野が広く、便利ですし、スポーツなどには遠用メガネが見やすいように、それぞれの用途に合わせたメガネが必要になります。

close

Q広告のレンズ付はどんなレンズですか

近視・遠視・乱視・老視に対応した屈折率1.50プラスチックレンズです。
レンズをキズから守るハードコートと、光の反射を防ぎ透過率を上げるマルチコートが付いたレンズです。(遠近両用ではありません。)さらに、メガネストアーでは、一流の日本メーカーのレンズを使用しています。

close

Qレンズを薄くするにはどうすればいいの

高屈折レンズや非球面レンズをお選びいただくと厚みはかなり解消されます。凹レンズの場合はなるべく小さなフレームを選んでいただくと、ある程度目立たなく出来ます。
屈折率・・・薄さ・軽さを決める数値で値が大きくなるほど、レンズが薄く・軽くなります。

close

Qレンズにキズが入ったら直りますか

キズついたレンズの再研磨・再表面処理は一切出来ません。お取扱いに充分注意してください。

close

Q営業時間と定休日を教えてください

メガネストアーは年中無休で営業しております。
営業時間は10:00~19:30と10:30~20:00までの店舗がございます。
店舗により異なりますので、詳しくは店舗情報をご覧ください。
店舗情報:(PCはこちら) (携帯はこちら)

close

Q何日くらいでできますか

通常、2 ~3 日から1 週間くらいでお渡しできます。店舗に在庫があればその日のうちにお渡しできる場合もあります。ただし、特注の場合はしばらく日数をいただくこともございます。店頭にてご確認ください。)

close

Qメガネストアーのアフターサービスは

メガネストアーでは、お客様に安心してメガネをお求めいただけるよう「7つの安心サービス」をご提供しています。

1. 視力測定
ご自分ではなかなか分からない視力の変化。だからこそ、定期的な視力のチェックをおすすめします。遠くや近くの見え方が気になる方、免許更新の前などの際、是非メガネストアーにお立ち寄りください。
もちろん、メガネのご購入に関わらず無料でチェックいたしますので、お気軽にどうぞ。

2. ネジ交換
ネジの緩みや錆びなどで傷んでいる場合、そのまま使用を続けると故障につながることもあります。
ネジ部分の動きが悪くなった場合、ネジがなくなってしまった場合も当店にお持ちください。無料で新しいネジに交換いたします。※18金やその他例外品は除きます。

3. フレーム調整
メガネの掛け具合はとても大切です。耳の後ろが痛い、鼻のところがズリ落ちる、しっくりこないときなど、メガネを正しい位置で掛けられるようにお客様のお顔に合わせて調整いたします。
また、メガネをぶつけたり踏んでしったりしてメガネが曲がってしまった場合の、調整(フレームの型直し)もいたします。メガネは使っているうちに掛け外しによる緩みやユガミが生じます。定期的に調整にこられることをおすすめいたします。

4. メガネクリーニング
メガネはお顔に掛けるものですから、常に清潔にしたいもの。
メガネ拭きで拭くだけでは落としきれない汚れも、超音波洗浄器でしっかり落とします。

5. ナイロール糸交換
ナイロールタイプ(レンズに溝を掘ってナイロン糸で留めているタイプ)のフレームのナイロン糸は消耗品となります。糸が切れるとレンズが外れてしまう恐れがあります。
半年に1度を目安に交換にお越しください。

6. ツーポイントフレームパッキン交換
レンズに穴を空けてネジ止めしているタイプのフレーム(通称:フチ無しフレーム)には、その穴の部分にパッキンが入っています。
このパッキンが痛むとネジが緩み、更にはレンズ破損の原因にもなります。緩みが気になる場合、お早めにお持ちください。

7. メガネのご相談
お客様一人ひとりで必要とされるメガネ、合うメガネは異なります。
どんな些細なことでも構いませんので、是非ご相談にいらしてください。

close

Q眼科処方箋は必要ですか

眼に疾病等の心配の無い方は、当店でコンピュータでの測定を行い、視力測定は詳しく問診をしながら十分に時間をかけます。さらに一つ一つの状況を説明させて頂き、メガネレンズの説明目的別に各種レンズの見え方の体験・比較を通じて、最適な度数を決定するためのお手伝いをさせて頂きます。どうぞ、安心してご来店ください。

close

Qレンズだけの購入はできますか

もちろん承っております。レンズだけのご購入も大歓迎です。
一部お受けできないフレームもございますので、店舗にてご相談ください。

close

Q購入時に商品代金以外の代金はかかりますか

メガネストアーでは、検査代、メガネ加工料などは一切いただいておりません。
メガネ一式でのお買い上げはもちろん、フレームのみのご購入、レンズのみのご購入でも加工料金は一切無料です。

close

Q使用用途に合わせたメガネはどんな種類があるの?

この画像はアイキャッチではありません

レンズの種類は大きく分けて遠近両用、中近両用(室内専用)、近近(デスクワーク用)があります。
レンズによって下の図のように見える範囲が異なりますので、ご使用になる環境でお選びいただけます。
店舗では、レンズの見え方も体験いただくこともできます。もちろん、専門スタッフがしっかりとアドバイスいたします。是非、お気軽にお立ち寄りください。

close